お勧め あるいは 購入予定の書籍

『Android and Java』

まずJava自体に慣れた方がいい。まったくの初心者なら入門書から。
パソコンで動作する基本的なJavaプログラムをつくり、文字列を表示したり、計算したりするプログラムくらいは、作成できるようになっておくべきである。(バイクに乗る前に自転車に乗れないとね…)

1.


これならわかるJava入門の入門 第2版

 

入門だけでは物足りない、少しは実践力を培っておきたい、自分は人に教わるのではなく自習が向いている、自分には継続力がある、あるいは自分で自分にやらせる目標や課題がほしい、そんな方には、上記入門書に続いて次の本がおすすめ。

2.


独習Java 第4版

一日ひとつ、とか、毎週末に何ページ、みたいにこつこつやるとよいです。

Androidの勉強もしたい方は、この段階でAndroidの入門書にも着手してしまって問題ないでしょう。

 

 

そして実践である程度Javaのプログラムが書けるようになったけど、なんか周りの人よりは自分って要領悪いなあ…と思ったら、入門書を読み直して、読み飛ばしてしまったところや忘れていることを復習します。それでも復習するところがない、そう思ったら…

3.


詳解 Javaプログラミング第2版〈VOLUME1〉

入門書では要点だけに絞られていた内容を、より広い範囲に渡って書かれている本で『再入門』するべきです。『ああ、入門書ではこれだけしか紹介されていなかったけど、本当はこんなにやれることがあるんだ!』と思うことができたら、成功です。

 

4.


作ればわかる!Androidプログラミング―10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門 (Smart Mobile Developer)

なにげに環境のセットアップ自体が難解というか、時期によってやり方自体が変遷してきたため、ネットで拾える情報にはエラーが多すぎて、入門者に無駄な時間を消費させています。なので、入門書に書いてあるとおりの手順を、まず試してみましょう。ネットで検索してみつけたやり方を半分混ぜる、みたいなやり方はおすすめいたしません。(検索だけを頼りに、事の真偽や書かれた時期の把握をするのが得意な方なら、ネットだけでいけると思いますが…たぶん、英語を読めない場合は厳しいです)

 

5.


Android 4プログラミング教本 (Smart Mobile Developer)

入門書に書かれている内容の過半を把握し、しょっぱいアプリなら数本書けたよ!というところまで来たら、入門書の枠を超えて、Android開発ではどんなことができるのか、全体像を知りましょう。一度に全体を読まなくても、索引だけ読んでみて『今この機能を使ってみたい!』と思ったところだけを読んで、すぐにアプリを作ってみる…そんな読み方でもokです。

それでも、ときどきは基本のJavaそのものに立ち返り、上の 2 や 3 の本を読み返すほうが、実力は早くそして確実につくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>